[2] コンテンツ東京 専門セミナー

  • 制作・流通コース

    2016年6月29日(水) 13:00~14:00PD-1<クロスメディア> 協力:(株)キャラクター・データバンク

    詳細はこちら

    「ルパン三世」「弱虫ペダル」に学ぶ、
    トムスアニメのクロスメディアとコラボの現在

    (株)トムス・エンタテインメント
    経営企画室 広報部長
    千島 守

    実在ブランドがアニメに登場するプロダクトプレイスメント、ミュージカルに代表される2.5次元との連動、OADという書店流通型パッケージ、異業種コラボによる商品開発やキャンペーン等、アニメ作品が本編の内外で形作るビジネスの現在を、「ルパン三世」や「弱虫ペダル」の事例と共に、企業広報の視点を交えて紹介する。

  • 2016年6月29日(水) 15:30~16:30PD-2<マンガ・コンテンツ>

    詳細はこちら

    1200万DL突破!
    「デジタルのトキワ荘」が仕掛ける、マンガ発のコンテンツ戦略とは?

    NHN comico(株)
    comico事業本部 事業プロデューサー
    大藤 充彦

    オリジナルの作品を毎日配信するマンガ・ノベルサービスcomico。人気作品は紙の単行本化、アニメ化、グッズ化などの展開を広げ、今後は実写化、ゲーム化も視野に入れている。作家の発掘・育成方法や、マンガ発のコンテンツ戦略を紐解き、アプリの枠を超えた「comicoワールド」への将来像を語る。
  • 2016年6月30日(木) 13:00~14:00PD-3<海外展開>

    詳細はこちら

    世界3500万人に届ける!
    「モンスト」のゲーム×アニメ戦略と海外展開のポイント

    (株)ミクシィ 取締役
    XFLAGスタジオ総監督
    木村 弘毅

    ゲームの世界累計利用者数が3500万人を超え、11言語の字幕付きでアニメのyoutube配信も始めた「モンスターストライク」。海外のユーザーを獲得するためのローカライズ・プロモーションの工夫やアニメ制作の舞台裏など、モンストが世界で人気を得ているポイントを、生みの親が語る。

    ※展示会招待券では「3000万人」と記載されておりますが、モンスターストライク世界累計利用者数の公表数字が更新されたため「3500万人」に修正しています。(5/24)

  • 2016年6月30日(木) 15:30~16:30PD-4<電子出版>

    詳細はこちら

    データから読み解く!
    激変する出版エコシステムの行方は?
    電子出版のフル活用で、出版危機を脱する方法を見逃すな

    (株)インプレスホールディングス
    取締役
    北川 雅洋

    出版は今、根本的な変化が求められている。成長軌道にのった電子書籍、特に伸びゆくスマホビジネスに大きなヒントがあるのではないか。世界で起こりつつある最新の事例や、音楽・映像など他ジャンルとの比較を例にあげ、電子書籍を活用したこれからの出版のカタチ、次世代の出版社に求められることを提言する。

  • 2016年7月1日(金) 10:30~11:30PD-5<著作権>

    詳細はこちら

    「著作権炎上」とウェブ世論

    骨董通り法律事務所
    弁護士・ニューヨーク州弁護士
    福井 健策

    デジタルネットワークの進展は、誰もがコンテンツの発信者でありメディアとなれる時代をもたらし、これまで一部の専門家のものだった著作権は一気に全国民の関心事へと変貌した。「五輪エンブレム」「TPP非親告罪化」などのキーワードから、著作権の新たなリスクとして浮上したウェブ世論との向き合い方を読み解く。

  • 2016年7月1日(金) 15:30~16:30PD-6<特撮・VFX> 協力:(一社)日本映画テレビ技術協会 ※同時通訳

    詳細はこちら

    特撮はルネサンスの時を迎えたのか?
    ~ メイキング・オブ 実写版『進撃の巨人』 ~

    (株)特撮研究所
    特撮監督
    尾上 克郎

    実現困難なショットを得るために様々な映像技術を果敢に取り入れ、特撮監督として25年の経験を磨いてきた尾上氏。同氏が「今までで一番難しかった仕事の一つ」と語る『進撃の巨人』の制作過程を、制作秘話を交えながら公開し、特撮・VFXの魅力と映画制作の未来について語る。

  • 先端技術コース

    2016年6月29日(水) 15:30~16:30T-1<ゲーム×VR>

    詳細はこちら

    既存の制作方程式は当てはまらない!
    VR コンテンツ制作で考えるべきポイント

    ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
    ソフトウェアビジネス部 次長
    秋山 賢成

    VRコンテンツは、ゲーム、音楽、映像などを全く新しい体験につくりかえる無限の可能性を秘めている。VRでエンタテインメントを表現するとはどういうことかを、PlayStation(R)VR ゲームコンテンツ制作の知見と、アニメなどゲーム以外のメディアとの共同開発を通じて得た観点から語る。

  • 2016年6月30日(木) 15:30~16:30T-2<クリエイター×先端技術>

    詳細はこちら

    新たな表現を求める企業、必聴!テクノロジーで人の心を動かすには

    (株)電通
    CDC局 Dentsu Lab Tokyo グループ・クリエーティブ・ディレクター
    菅野 薫

    トップクリエイターはどのようにクライアントの課題を解決するのか。セナの走行データを光と音で甦らせた「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」、東京オリンピック招致最終プレゼンで紹介された「太田雄貴 Fencing Visualized」などを手掛けた菅野氏が、各プロジェクトを振り返り解説する。

  • 2016年7月1日(金) 13:00~14:00T-3<ロボット>

    詳細はこちら

    今こそ、ロボットとコンテンツが結びつく時!


    大阪大学大学院
    基礎工学研究科 システム創成専攻 教授
    石黒 浩

    コミュニケーションロボットは、あらゆる情報を現実の空間で発信する「メディア」である。ロボットの普及のためには、ロボットにストーリーを与える事ができるコンテンツクリエイターの力が必要だ。自身のアンドロイドやマツコロイドを産み出した世界的ロボット研究者が、コンテンツ業界に求めることを語る。


  • 販促・マーケティングコース

    2016年6月29日(水) 10:30~11:30M-1<動画×SNS>

    詳細はこちら

    動画を核にしたSNS、成功のポイント
    ~YouTube、Facebook、Twitter、Google+~

    パナソニック(株)
    コンシューマーマーケティングジャパン本部 コミュニケーション部 web課
    鐵 祐子

    YouTubeでは様々な製品紹介、CM、限定動画を公開し、公式SNSでは季節感やユーザー目線を大切にした記事・動画を毎日投稿することで、高いエンゲージメントを獲得しているパナソニック。マーケティングにおける動画活用の位置づけと、その効果について語る。

  • 2016年6月30日(木) 13:00~14:00M-2<集客手法>

    詳細はこちら

    ここまでやれる!コンテンツ集客術
    ~コンテンツの作り方と流通の新潮流~

    ヤフー(株)
    マーケティングソリューションカンパニー/
    Yahoo!コンテンツディスカバリーサービスマネージャー
    宇都宮 正騎

    記事などのコンテンツを最適なユーザーに届けるためには何が必要か?コンテンツ集客手法の新潮流「Yahoo!コンテンツディスカバリー」を活用した成功事例と、見て欲しいユーザーに来訪してもらえるコンテンツづくりのポイントを解説する。

  • 2016年6月30日(木) 15:30~16:30M-3<デジタルマーケティング>

    詳細はこちら

    生活者視点から生まれるマーケティング
    ~MUJI (DIGITAL) MARKETING 3.0~

    (株)良品計画
    WEB事業部 部長
    川名 常海

    一方通行のマスマーケティングは終焉に向かい、顧客とのコミュニケーションから、商品・サービスの開発・改善を行って価値を創造する時代に突入した。マーケティングで売上を伸ばしている無印良品が、ブランドの活動プロセスに顧客をどのように統合し、デジタル時代にそれをどう加速させているのかを解説する。

  • 2016年7月1日(金) 15:30~16:30M-4<オウンドメディア>

    詳細はこちら

    コンテンツマーケティングで、顧客の行動を変えるには?


    サッポロビール(株)
    マーケティング開発部 デジタルコミュニケーショングループ
    森 勇一

    一味違ったコンテンツマーケティングで注目を集めるサッポロビール。ビールを擬人化したドラマ風の動画コンテンツでは、動画を見た33%が、関連WEBサイトを来訪したり実際にビールを飲用したという結果に繋がった。オウンドメディアと動画を組み合わせ、データ分析で適切な顧客に届けるために必要なポイントを語る。

  • キャラクター&ブランド ライセンスコース
    セミナー特別協力:LIMAジャパン LIMA is the Official Education Provider for LICENSING JAPAN

    2016年6月29日(水) 13:00~14:00LJ-1<海外トレンド> 逐語通訳

    詳細はこちら

    グローバル化が加速するライセンシング・ビジネスを捉える
    ~LIMAライセンシング産業調査データとトレンド解説~

    LIMA(国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会)
    プレジデント
    チャールズ・M・リオット

    全世界のライセンシング商品のプロパティ・カテゴリー別のデータ解説と、最新のトレンドを、世界最大のライセンシング・ビジネス業界団体LIMAの代表が紹介する。市場はどのように変化しているのか、最新情報をお見逃しなく。

  • 2016年6月29日(水) 15:30~16:30LJ-2<ライセンシー事例>

    詳細はこちら

    入店6時間待ちも!キャラクター・コラボカフェ、ヒットの理由


    (株)パルコ
    エンタテインメント事業部 「THE GUEST cafe&diner」プロデューサー
    手塚 千尋

    ここ数年、大きなムーヴメントになっている、キャラクター・コラボカフェ。情報発信型カフェ「THE GUEST cafe&diner」でのキャラクターとの取り組み事例を紹介し、パルコが仕掛けるコンテンツ・コラボレーション戦略の全貌と、大ヒットの秘訣を語る。

  • 2016年6月30日(木) 10:30~11:30LJ-3<ライセンスビジネス基礎講座>

    詳細はこちら

    ライセンシーのための、ライセンシング・ビジネス基礎講座


    東京理科大学大学院 イノベーション研究科教授(知的財産戦略専攻)
    (株)ブランドッグ 代表取締役
    草間 文彦

    キャラクターやブランドなどのライセンスを受ける側が、戦略立案力と実務対応力を強化するために身につけておきたい基礎知識とは。業界の仕組みや関連法規、ロイヤルティの設定、ライセンサーとの交渉術などを、人気講師が一からわかりやすく解説する。

  • 2016年6月30日(木) 13:00~14:00LJ-4<販促活用 基礎講座>

    詳細はこちら

    キャラクターを「広告・販促」に起用するための基礎知識


    (株)博報堂
    MD(マーケットデザイン)統括局 ライツマネジメント部 部長
    佐野 博昭

    キャラクターなどのプロパティを起用した広告販促業務を推進する上で必須となる知識を、多業種に渡り豊富な経験を持つ権利クリアランス専門部署の責任者が解説。権利処理、関連法、契約事故回避などのリスクマネジメントや、利益を最大化する攻めの方法を分かりやすく伝授する。

  • 2016年7月1日(金) 10:30~11:30LJ-5<法律体系 基礎講座>

    詳細はこちら

    ライセンスビジネスの「法律体系」早わかり


    室谷総合法律事務所 代表弁護士
    LIMAジャパン ((一社)日本ライセンシング・ビジネス協会) 監事
    室谷 光一郎

    ライセンスビジネスは多様な権利が関係するため、業務上様々な法律知識や権利概念についての理解が不可欠である。メディア関係企業等の顧問をつとめる講師が、著作権法を中心とした関連法規などを中心に、基礎から解説する。

  • 2016年7月1日(金) 15:30~16:30LJ-6<ライセンシー事例>

    詳細はこちら

    累計500万枚を販売!
    歌舞伎のライセンスから始まったデザインフェイスパックの秘密

    一心堂本舗(株)
    代表取締役
    戸村 憲人

    日本を代表する顔、歌舞伎の「隈取」を商品化したことで、国内外のメディアで話題になり、爆発的人気を誇る一心堂本舗の歌舞伎フェイスパック。様々なPR戦略など、成功の秘密を紹介する。